インチアップ、サイズ変更について

インチアップとは、タイヤの外径を変えずに偏平率を下げ、リム径を大きくすることを言います。
正しいインチアップは、走行安定性の向上やルックスを良く見せるなどのメリットに繋がります。
その反面、規定のサイズから変更するにはいくつか注意をしなければならない点があることも覚えておきましょう。

インチアップのメリット、デメリット

インチアップのメリット

  • 運動性能がUPします。 中高速域の操縦安定性が向上します。
  • グリップ性能がUPします。 ブレーキの力を路面へ効果的に伝えます。
  • コーナリングの性能がUPします。 タイヤの変形が少なくなり安定します。
  • スタイリッシュさがUPします。 シャープな印象となり格好良さが向上します。

インチアップのデメリット

  • 乗り心地が悪くなる場合があります。
       タイヤの偏平率が下がると、路面からの衝撃が伝わりやすくなるため乗り心地がハードになります。
  • 走行音が少し大きくなります。
  • 転がり抵抗が大きくなり、燃費が悪化する場合があります。

インチアップの基本

インチアップの際には、先述の「インチアップのメリット、デメリット」をご理解いただいた上で行なってください。

タイヤサイズの選定は、当店にご相談ください。

基本その1 タイヤの外径はほぼ同じものを選択してください。
タイヤの外径が変わってしまうようなインチアップをすると、タイヤが車体へ接触する可能性があります。
また、タイヤの円周の長さが変わってしまうため、 スピードメーターの誤差が起こる原因となってしまいます。
外径をほぼ一定にした時のタイヤサイズの例
例
基本その2 タイヤ幅は車体との接触やはみ出し装着にならないものをお選びください。
はみ出し装着は法律上でも違反となり、走行上も大変危険です。
基本その3 ロードインデックス値を同等以上になるようにしましょう。
タイヤはサイズごとに支えられる重さ(負荷能力)が規格で定められています。 この負荷能力はロードインデック ス(LI)という指数でタイヤに示されています。 インチアップするサイズの負荷能力が、標準タイヤの負荷能力を 下回らないようご注意ください。

ロードインデックス(LI)についてはこちら